ロナウジーニョ 来歴

来歴
現在世界最高の選手の一人。2004年、2005年と連続でFIFA選出の世界最優秀選手に選ばれている。また2005年には欧州最優秀選手(バロンドール)にも選ばれた。試合中随所に見せる美麗なボール捌きは、まさに神業と呼ぶにふさわしい。また、ペレ・ジーコ・リバウドなど、その世代で一番上手く、奇跡を起こせる選手に継承されているセレソン(ブラジル代表)の10番に必要な能力をすべて継承している選手である。その技もさることながら、キャプテンとしてチームをまとめていく器の広さを持ち、人望も厚い。ブラジルA代表デビューは1999年6月26日のラトビア戦。その直後に開催されたコパ・アメリカのメンバーにも選ばれ、対ベネズエラ戦の技ありゴールはブラジル国民に希望を与えた。1999年のFIFAコンフェデレーションズカップと2000年シドニーオリンピック予選で得点王を獲得。2002年の日韓W杯では、ロナウド・リバウドと共に強力な攻撃ユニットを組み(3人のイニシャルから「3R」と呼ばれた)、優勝に大きく貢献した。

2003年にフランスのパリ・サンジェルマンからリバウドの後釜となり得る人材を探していたFCバルセロナに移籍。レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドとも交渉を行っていた。セレソンの先輩であるリバウドも背負った10番を身にまとい、ローテーションを取り入れたチームの中でも王様として君臨し、ソシオ(バルセロナを支える熱心なファン)たちに愛されている。彼がチームの攻撃に与える影響は大きく、彼がいる時といない時では周りの選手の動きも違う。ドリブル突破やパスだけでなく決定力もあり、相手チームにとっては非常に怖い存在となっている。ちなみに代理人でもある兄のロベルト・デ・アシス・モレイラ(登録名:アシス)は1999年にJ2のコンサドーレ札幌でプレーしていた。

ペレが選んだ偉大なサッカー選手100人、『FIFA 100』に選ばれた。

ナイキのCMに出演しており、主にその華麗なボール捌きを題材にしている。特に、ボールを一度も落とす事なく4連続でゴールポストに命中させた映像は、実際のプレーなのかSFXなのか論争となった(現在も真偽は不明であるが本人は合成であることを否定している)。また日本の企業・コニカミノルタのオフィス用コピー機のCMモデルとして出演し、その時にはGKを含む11人の選手を1人で全員こなす役柄を演じた

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。