ロナウジーニョ ナイキ 歴史

歴史
1964年 かつてアメリカ・オレゴン大学の陸上部でコーチを務めていたビル・バウワーマンと、同部のランナーであったフィリップ・ナイトは、共同で「ブルーリボンスポーツ(BRS)」社を興し、日本のオニツカタイガー製靴会社(現アシックス)製品のアメリカでの輸入販売を始める。
1966年 オニツカのコルテッツをバウワーマンの設計とオニツカの製作で販売される。
1971年 ブランド名として「NIKE」を採用。ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」の英語読みである。同時にニケの羽を表わしたロゴ・マーク“Swoosh(日本語表記は「スウッシュ」。「スウォッシュ」は誤記)”も考案されるが、これはデザイン科の女子学生キャロライン・デビットソンが、たった35ドルでデザインしたものである。
1972年 オニツカタイガーと契約権のトラブルから、訴訟となり契約停止。このころナイキのスニーカーはオニツカタイガーのスニーカーを参考にして製造・販売されていたため、現在でも日本の中高年世代には、国産オニツカタイガーの優秀な開発技術を盗むためだけに近づいた悪徳集団のイメージを持たれている。(この経緯を知らない世代に絶大な人気がある。)
1974年 バウワーマンが朝食用のワッフルから思いついたというワッフル・ソールのランニング・シューズを発売し、大ベストセラーとなる。
1978年 社名を正式に「ナイキ」に変更。
1984年 当時まだアメリカ・ノースキャロライナ大学のバスケットボールチームの選手で、NBAシカゴ・ブルズへ入団しようとしていたマイケル・ジョーダンと契約。そしてバスケットボールシューズ「エアジョーダン」を発表し、爆発的ヒットする。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。