ロナウジーニョ ナイキ 社会問題

社会問題
本社はアメリカ合衆国にあるが、自社工場を一つも持たず、実際の生産は人件費の安いアジア諸国を中心としている。ナイキの生産企業が数多くある韓国などは、大部分が生産企業として中間搾取をしている。底辺の実生産に携わるベトナムなどの国では、未成年達を、違法な児童労働搾取で労働力として低賃金で過酷な労働を強いているとして、しばしば批判に上がる。こういった問題はナイキだけではなく、アディダス(ドイツにサンプル工場が一つあるだけ)などのスポーツ企業やGAPなどの比較的安価なファッションブランドに見られる。

1997年、ナイキが委託するベトナムなど東南アジアの工場では、強制労働、児童労働、低賃金労働、長時間労働、セクシャルハラスメントなどの問題があることを指摘された。翌年、訴訟や不買運動を受けたナイキは従業員年齢下限を16歳から18歳からに引き上げ、NGOによる工場視察を受け入れると発表した。しかし、その後も違法な児童労働によって靴の生産をしていると指摘されている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。