ロナウジーニョ 在籍チーム FCバルセロナ:概要と歴史

概要と歴史
1899年にスイス人実業家ハンス・カンパーら11名により創立。チームカラーは、FCチューリッヒから由来する。初代会長は英国人のウォルター・ワイルド。リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属している。リーガ創立以来2部以下に落ちたことがなく、これは他にレアル・マドリードとアスレティック・ビルバオのみである。また、同じバルセロナを本拠地とするエスパニョールとの試合は、カタルーニャ・ダービーと呼ばれるが、名門同士の対決となるマドリーダービーからは少々格が落ちる。ホームスタジアムはカンプ・ノウ。

リーガ・エスパニョーラ屈指の名門クラブであり、1929年から続くリーガ・エスパニョーラの初代王者。レアル・マドリードとの対戦は「エル・クラシコ」と呼ばれ、1902年の第1回スペイン国王杯から因縁の対決(3-1でバルセロナの勝利)を続けている。その背景には、プリモ・デ・リベラ将軍による独裁政権時代(1923年-1930年)とフランコ独裁政権時代(1939年-1975年)のカタルーニャ弾圧がある。当時、カタルーニャの人々は自分たちの言葉・カタルーニャ語を話す事が許されず、カンプ・ノウの中でだけそれが許された。これによりスペインサッカー界の軸は、バルセロナとアスレティック・ビルバオからフランコの支援をうけたレアル・マドリードへと移った。この時代、主力のホセ・サミティエール がレアル・マドリードに移籍したが、これは後にミカエル・ラウドルップ、ルイス・フィーゴへと続く“裏切り”と呼ばれる最初の移籍である。選手の引き抜きにおいてもレアル・マドリードとは因縁があり、アルフレッド・ディ・ステファノ、ヨハン・クライフらを巡って争奪戦を繰り広げた。1988年から1996年にかけて、ヨハン・クライフ監督時代にチームは、その豪華なメンバーと強さからエル・ドリーム・チームと呼ばれ、リーガ4連覇・UEFAチャンピオンズリーグ初制覇を果たす。

その後、1990年代末から2000年代初頭にかけては成績が低下。タイトルから遠ざかる時期が続いた。2000年には、チームの主力であるルイス・フィーゴがバルセロナからレアル・マドリードに移籍した際に激しい反発を呼び、カンプ・ノウでの試合では激しいブーイングと物の投げ込みにより、一時試合が中断されるほどの騒ぎとなった。2003年、フランク・ライカールトが監督に就任し、世界最高峰の実力を持つロナウジーニョなどの活躍で2005年にリーグ優勝。2006年にリーグ連覇。さらには2度目のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を達成し、往年の輝きを取り戻しつつある。

また一般に多くのサッカークラブではユニフォームに出資(協賛)スポンサーのロゴを入れるのが慣例だが、当チームでは一般市民などからの会費(ソシオ制)で運営していることから、ユニフォームにスポンサーのロゴを入れていないのもチームの伝統とされている。だが2005年に入って、北京オリンピック組織委員会からユニフォームロゴ掲出依頼のオファーを受けていることがわかった。結局このロゴが2005-2006シーズンにユニフォームに入れられることはなく、伝統は守られた。なお、エクアドルのサッカークラブ、バルセロナSCはバルセロナからの移民がエクアドルのグアヤキルで設立したもので、クラブ自体には何の繋がりも無い。ただ、エンブレムは非常に似ており、FCバルセロナも親善試合を行ったことがある。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。