ロナウジーニョ ナイキ 主な契約選手

主な契約選手
タイガー・ウッズ (ゴルフ)
マイケル・ジョーダン(バスケットボール)
ロナウジーニョ(サッカー)
ロナウド(サッカー)
ティエリ・アンリ(サッカー)
デレク・ジーター(野球)
ロジャー・フェデラー(テニス)
マリア・シャラポワ(テニス)
中田英寿(サッカー)
小野伸二(サッカー)
清原和博(野球)
松井稼頭央(野球)
鳥谷敬(野球)
城島健司(野球)
松坂大輔(野球)
田臥勇太(バスケットボール)

ロナウジーニョ ナイキ 社会問題

社会問題
本社はアメリカ合衆国にあるが、自社工場を一つも持たず、実際の生産は人件費の安いアジア諸国を中心としている。ナイキの生産企業が数多くある韓国などは、大部分が生産企業として中間搾取をしている。底辺の実生産に携わるベトナムなどの国では、未成年達を、違法な児童労働搾取で労働力として低賃金で過酷な労働を強いているとして、しばしば批判に上がる。こういった問題はナイキだけではなく、アディダス(ドイツにサンプル工場が一つあるだけ)などのスポーツ企業やGAPなどの比較的安価なファッションブランドに見られる。

1997年、ナイキが委託するベトナムなど東南アジアの工場では、強制労働、児童労働、低賃金労働、長時間労働、セクシャルハラスメントなどの問題があることを指摘された。翌年、訴訟や不買運動を受けたナイキは従業員年齢下限を16歳から18歳からに引き上げ、NGOによる工場視察を受け入れると発表した。しかし、その後も違法な児童労働によって靴の生産をしていると指摘されている。

ロナウジーニョ ナイキ シューズ

シューズ
ナイキは今までにスポーツシューズを数多く世に送り出し、高い人気を得てきた。

エア
AIR
1978年に開発された、衝撃を吸収するためのミッドソールの中に仕込んだエアバッグのこと。これが搭載されているモデルは「AIR (モデル名)」と必ずモデル名の前に「AIR」が付いている。
発明の経緯であるが、これはNASAの研究員として勤めた経験があるエンジニアのフランク・ルディが、友人であるボブ・ボガードと空気(エア)をシューズのクッショニングに用いることを考案。ナイキは即座に彼らと契約を交わし、このアイデアを買い取り、製品化に向け開発に着手した。 クッション性を確保するためのエアバッグは、ビニールパックの内部にガスを充填したものである。搭載位置は試行錯誤の末、ミッドソールの中に仕込むという方法を発明し、ここに完成した。

テイルウインド
TAILWIND
1978年に発売された上記の「エア」を搭載した第一号モデルである。

エア・マックス
AIR MAX
ナイキを代表するランニングシューズ。1987年に発売された。特に1995年に発売された「エアマックス95」は爆発的に売れ、偽物も数多く出回ったほどである。当時「エア・マックス狩り」という社会現象まで起きた。「エアマックス95」の人気は今でも高く、復刻モデルが次々と出されている。

エア・ジョーダン
AIR JORDAN
マイケル・ジョーダン(元・NBAシカゴ・ブルズ)の名を採ったバスケットボールシューズ。1985年に最初のモデル「エアジョーダンT」が発売された。以降、年1回のペースでモデルチェンジされた。エアジョーダン12以降からは新たなフルレングスズームエアが搭載された。この商品は、ナイキのシューズのなかで、はじめてアスリートの名前がついたものである。

エア・フォース1
AIR FORCE T
上記の「エア」を搭載したバスケットボールシューズ第一号。1982年発売。発売から20年以上経った現在でも、NBAデトロイト・ピストンズの選手であるラシード・ウォーレスが履いてプレーしているほど、完成度が高いバスケットボールシューズである。また飽きの来ないデザインなため、ファッション靴としても高い人気を誇る。2006年生産終了が発表される。

ロナウジーニョ ナイキ 歴史

歴史
1964年 かつてアメリカ・オレゴン大学の陸上部でコーチを務めていたビル・バウワーマンと、同部のランナーであったフィリップ・ナイトは、共同で「ブルーリボンスポーツ(BRS)」社を興し、日本のオニツカタイガー製靴会社(現アシックス)製品のアメリカでの輸入販売を始める。
1966年 オニツカのコルテッツをバウワーマンの設計とオニツカの製作で販売される。
1971年 ブランド名として「NIKE」を採用。ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」の英語読みである。同時にニケの羽を表わしたロゴ・マーク“Swoosh(日本語表記は「スウッシュ」。「スウォッシュ」は誤記)”も考案されるが、これはデザイン科の女子学生キャロライン・デビットソンが、たった35ドルでデザインしたものである。
1972年 オニツカタイガーと契約権のトラブルから、訴訟となり契約停止。このころナイキのスニーカーはオニツカタイガーのスニーカーを参考にして製造・販売されていたため、現在でも日本の中高年世代には、国産オニツカタイガーの優秀な開発技術を盗むためだけに近づいた悪徳集団のイメージを持たれている。(この経緯を知らない世代に絶大な人気がある。)
1974年 バウワーマンが朝食用のワッフルから思いついたというワッフル・ソールのランニング・シューズを発売し、大ベストセラーとなる。
1978年 社名を正式に「ナイキ」に変更。
1984年 当時まだアメリカ・ノースキャロライナ大学のバスケットボールチームの選手で、NBAシカゴ・ブルズへ入団しようとしていたマイケル・ジョーダンと契約。そしてバスケットボールシューズ「エアジョーダン」を発表し、爆発的ヒットする。

ロナウジーニョ ナイキ ナイキとは?

ナイキ (Nike) は、シューズやウェアなどの商品を扱う世界的スポーツ用品メーカー。 本社はアメリカオレゴン州。

社名の由来はギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」(Nike)から採ったもの。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。